秋田近代史研究会

秋田県の近現代史を考える歴史研究団体です。

2020年総会・秋季研究会のお知らせ

2020/総会・秋季研究会のお知らせ

◇日 時:11月7日(土)10:00~16:00
◇会 場:横手市公文書館

f:id:akitakindaishi:20201017105702j:plain

横手市公文書館


(旧鳳中学校)(玄関は大鳥公園側です)

横手市新坂町2番74号 ☎ 0182-23-9010
総 会・研 究 会 日 程

10:00~12:00 開会、総会、情報交換


12:00~13:00 昼食・休憩


12:30 一般参加者受付


13:00~14:00 報告1 工藤一紘
蟹工船遭難事件の史的分析ージャーナリズム論としての『豊国丸遭難事故』」
概要北洋漁業勃興期の遭難事故として大正15年の「秩父丸遭難事件」が知られる。376人中181人死亡という大きな海難事件で、岩手県犠牲者34名は東北六県犠牲者の半分を占めたが、岩手日報の先駆的な報道事蹟は注目される。3年後、秋田人が多数関係した蟹工船遭難の「豊国丸事件」(昭和4年)があった。漁夫合計270名中107名の死亡者、県人犠牲者38人の大遭難事件で、県人犠牲者のうち論者の古里(河辺郡大正寺村・現秋田市雄和)に4人の犠牲者(内1人生還)がいた。
京都府立総合資料館文献課所蔵の「秩父丸遭難事故報告書」(1926年刊)や「岩手日報」、「秋田魁新報」の報道記事を通じて、ジャーナリズム論としての「豊国丸遭難事故」を分析する。

 

14:00~14:20 質疑応答


14:30~15:30 報告2 長沼宗次

「歩兵第17連隊の最後」

概要
自著『秋田の軍隊』の執筆当初から持っていた問題意識、すなわち、1戦後75年「令和の時代」なのに何故「17連隊の最後」を発表したのか、2「戦争を知らない世代」に向けて「戦争の真実」をどう訴えて行くのか、3「歴史の真実を知ること」と「歴史研究者の責務」に関する若干の考察、この3点を論議の柱にしたいと考える。具体的な事例はその都度、論議のなかで提起したい。
「戦記もの」を取り扱った「私の体験」から、「戦争の経過を客観視しながら、いつも人間を見る立場を忘れない」を「座右の銘」として報告に臨みたい。


15:30~15:50 質疑応答


16:00 閉会


16:05 横手市公文書館見学

 

新型コロナウィルス感染予防のため、参加者はマスク等の着用をお願いします。
午後の研究会は一般の方々にも参加を呼びかけています。多数の皆さまの参加をお待ちしています。
会員の方は資料代として参加費500円をお願いします(一般参加者は無料です)。

 

※この度、日本歴史学協会による「菅首相による日本学術会議会員の任命拒否に強く抗議する(声明)」に賛同いたしました。

 

※秋田近代史研究会は会員を募集しております

年2回(春季・秋季)の研究会、また郡役所勉強会への参加ができます。当会活動の報告や催しその他の情報を掲載した会報を年数回送付、会員の投稿論文集である会誌『秋田近代史研究』を年1回お届けします。

お問い合わせはこちら

大島正美氏の逝去を悼む

去る2月1日、長年にわたり当会の研究活動に貢献されてきた大島正美氏がご逝去されました。大島氏は、最近まで郡役所に関する史料を県公文書館で精力的に発掘され、当会会誌でのご発表も続いただけに、突然の訃報に全く声も出ない思いでした。中学校教員としての勤務のかたわら『近代秋田の歴史と民衆』や『改訂新屋郷土誌』、『下浜郷土史』、また退職後も『外旭川郷土史』、『秋田市史』の執筆にあたるなど研究業績は大変大きなものがありました。特にページ数の関係から自治体史に収録しきれなかった地域の史料を大事にし、出身地である『秋田市新屋郷土史』を自力で発刊されるなど強固な意志と行動力を持たれた類い希な方でした。秋田工業高校時代ラグビー部で鍛えた精神を彷彿とさせる人でした。大島氏のご冥福を深くお祈りいたします。 

秋田近代史研究会会報187号(2020/5/7刊)より

※秋田近代史研究会は会員を募集しております

年2回(春季・秋季)の研究会、また郡役所勉強会への参加ができます。当会活動の報告や催しその他の情報を掲載した会報を年数回送付、会員の投稿論文集である会誌『秋田近代史研究』を年1回お届けします。

お問い合わせはこちら

 

秋田県におけるスペイン風邪の猛威~1世紀前のパンデミック~

f:id:akitakindaishi:20200510150805j:plain

柴田知彰

大正7年(1918)3月にデトロイトなどで流行したインフルエンザウイルスによる感染症は、米軍が第一次世界大戦に参戦したことで欧州に拡大し、同年秋には世界的大流行(パンデミック)となり各国で医療崩壊を引き起こした。中立国スペインでの流行が参戦国の情報統制外だったため、「スペイン風邪」と呼ばれることになった。
内務省衛生局『流行性感冒』は、国内の流行期間を第1期(大正7年8月~8年7月)、第2期
(大正8年9月~9年7月)、第3期(大正9年8月~10年7月)に区分して統計を出している。3
期を合計すると、全国で感染者2378万4122人、死者38万8198人、そして秋田県では感染者25万3421人、死者4485人に上った。大正8年2月12日の「秋田県報」を見ると、第1期における県内の惨状と人口約100万人の内約25万人が感染し約3200人が死亡したこと(致死率1.3%)を報じている。感染者数では流行期間の内、第1期に98%が集中していた。
秋田県報」掲載の「流行性感冒予防心得」全10条は京阪地方で再流行したスペイン風邪に対する予防を県民に呼びかけたもので、室内換気、劇場や料理店、多人数会集の規制、マスク着用など現在の感染症予防に通じる点が多い。再流行したウイルスは変異性の兇悪なもので、京阪地方から隣県山形に北上していた。しかし、県内では2月以後の感染爆発は防がれた。そして、全国的に見て第2期では感染者数は一桁減り、第3期では二桁減っている。スペイン風邪の終熄には3年掛かった。
医学においてウイルスに関する知識が乏しい時代だったが、衛生上の予防策がある程度の効果を生んでいた。現在流行している感染症スペイン風邪と同じく論じられないが、行政による予防普及、数波にわたる流行への対処など参考とすべき点が多い。

秋田近代史研究会会報187号(2020/5/7刊)より

※秋田近代史研究会は会員を募集しております

年2回(春季・秋季)の研究会、また郡役所勉強会への参加ができます。当会活動の報告や催しその他の情報を掲載した会報を年数回送付、会員の投稿論文集である会誌『秋田近代史研究』を年1回お届けします。

お問い合わせはこちら

 

会報 秋田近代史研究 第171号

2016春期研究会のお知らせです

◇日 時: エリアなかいち にぎわい交流館AU 研修室3(4階)

◇会 場: 秋田市中通1丁目4番1号 ☎018-853-1133

◇研究会テーマ: 秋田の史料保存利用運動-過去・現在・そして未来へ-
研究会日程
10:00~12:00 総会・会計報告・情報交換

12:00~13:00 昼 食

13:00~14:00 報 告①  司会 高本明博氏

柴田知彰氏 「昭和戦後の史料保存利用運動と山崎真一郎」

概要 昭和戦後の史料保存利用運動は、第1期の史料散逸防止と保存を経て、第2期の文書館設 立運動の展開に進んだ。秋田県では昭和25年の県庁書庫における「出羽一国御絵図」再発見 を契機に、県所蔵の古文書及び古絵図、近代県庁文書の保存修復が進められた(第1期の運 動)。そして昭和30年代には、20年代に整備した上記の史料を基礎に県史編纂事業が始まり、 さらに秋田県立史料館の設立計画が具体化した(第2期の運動)。これらには山崎真一郎が深 く関与していたが、同期に黎明期の文書館設立運動が持っていた問題点も見られる。

14:10~15:10 報 告② 司会  柴田知彰氏

高橋務氏・伊藤寛崇氏 「全史料協全国(秋田)大会参加報告」

15:20~16:30 意見交換・討論

16:30 閉 会
今年の春季研究会は秋田市での開催となります。昨年11月の全史料協全国(秋田)大会をふまえ、研究会のテーマを設定しました。当日は午前中に総会を行い、午後からは秋田県における史料保存のこ れまであゆみと現在の状況、そして未来についてスポットを当て、上記テーマのもと柴田知彰氏、高橋務氏、伊藤寛崇氏から報告をしてもらいます。われら秋田近代史研究会員による全史料協大会の第二幕とお考え下さい。その後の意見交換および活発な討論を行うためにも会員の皆さまのご参加を心 よりお待ちしています。なお、閉会後は懇親会を予定しております。(秋田駅前周辺の店舗)
◆研究会参加費と参加申込について 参加費:500円 参加申込:今回は特に出欠確認はいたしませんので、当日会場にお越しください。

Dropbox - 会報171号(2016.05.01).pdf